大豆と麹で味噌作り体験!

2月19日(日)市味噌り体験をしました!

 

この日は、地元の方に教えていただきながら、大豆と豆麹、米麹を混ぜ合わせて作るタイプの「三河味噌」を、1家族あたり仕上がりで約5kgの味噌を作りました。

 

まずは、前日からたっぷりの水に浸した大豆を大きな鍋で約1時間、柔らかくなりまで煮ます。その後、ペースト状にすりつぶして冷まします。このはミンチを挽いたりできる機械で大豆をつぶしていきました。

大豆が冷めたら、いよいよ麹と混ぜ合わせていきます。

大きな入れ物の中で冷ました大豆と麹が全体的に混ぜ合わさったら、いよいよ練り上げていきます!

大豆を茹でたときに残った茹で汁を少しずつ加えていきます。はじめはポロポロ状態だった大豆と麹が、だんだんと粘土状に。茹で汁を混ぜれば混ぜるほど練った大豆が重くなり、力がかなりいるように・・・

耳たぶ(?)ぐらいの柔らかさまでになったら、ひとにぎりサイズに丸めて保存容器に入れていきます。

このとき、隙間に空気が入らないように入れていくのがポイント。

最後は、焼酎と塩でふたをして、ラップをかけ容器の蓋をして、終了。

 

この後、冷暗所でじっくりとねかしたら、秋頃には、食べごろの味噌ができあがります!楽しみ♪